医薬品

今までとは異なる特徴があるED治療薬

カップル ED治療薬は1999年に日本ではじめて医療機関向けに販売が行われてから現在に至るまでに効果や持続時間を改良し2007年のシアリスの登場までに2種類の治療薬が登場しており、全部で3種類の治療を選択し勃起不全の治療を行えるようになっています。
シアリスとは最初に登場したバイアグラやその次に登場したレビトラなどと勃起力を高める作用自体は何ら変わることはありませんが、持続時間や効き目が安定するなどを特徴としている治療薬になり、他の治療薬と比べてもマイルドに身体に作用することが特徴でもあるED治療薬になります。
作用は、精神的なことや肉体的なことが原因となり勃起に必要な身体の機能が低下あるいは正常に機能しなくなってしまうことにより性行為を行うために陰茎が十分な硬さまでにすることができない状態を改善させることができ、血管を拡張する作用によって多くの血液を陰茎に運び込むことができるようになり、性的に直接的な刺激や興奮することによって硬さのある勃起をすることができ勃起力を高める効果とまたはそれを持続させることができるようになります。
他の治療薬と異なる特徴としてまず持続時間が挙げられ、バイアグラは最大6時間、レビトラは最大10時間ほどの時間でしたがシアリスは最大で36時間あり約1日半も効果を持続させることができ、1錠の服用によって時間を全く気にすることなく性行為を楽しむことができ心に余裕をもって男性が性行為を楽しむことができるようになります。
またもう1つの特徴が従来までの治療薬の欠点を大きく改善して点になり、食事をとることによって効き目が不安定になったり効き目が発揮できないこともあり、空腹での服用が必要でしたが約800キロカロリーまでの食事であれば空腹での服用の必要はなく安定した効き目を実感することができるようになり、服用にかかる男性への負担を軽減させることができます。
これら2つの特徴を可能にしているのが主成分であるタダラフィルであり、水などに溶けず長く体内に留まれ溶けはじめてから身体への吸収も良いことが男性への負担を軽減し安定して効き目をもたらすことができると言われています。