医薬品

勃起不全の治療

勃起不全の治療 勃起不全とは、男性の方に起こる性機能障害の一種とされ、陰茎に起こる勃起の発現や維持をする事が出来ない為に満足出来る性交が行えない状態に陥る事や挿入に至るまでに有効となる硬度にまで達する事が出来ない事で性交自体を行う事が出来ず、性欲を解消する事が困難な状態となり、通常とされる性交を行う機会があっても実に七割近くの割合で性交が行えない状態となります。
EDに悩む男性の方は老化現象の一つとも考えられ年齢を重ねる事で罹患者も増加の傾向にあるとされ、体の不具合により起こる器質型は50代に多く見られる原因の一つであり、心因型とされる心の不具合で起こるのは若年層に対して多く診られるとされており、また近年になってからEDが注目される様になった要因とも言えるのが健康寿命が伸びた事や老年者であっても性交を楽しみたいと考える方が増えた事等が背景にはあると考えられています。
また以前まで勃起不全と言い出す事は抵抗感が強く、治療する薬剤も誕生していなかった為に治療する事も困難とされていましたが、1999年には世界でも初めての勃起不全を治療出来る薬剤としてED治療薬が誕生した事により医師と罹患者が協力し、また相手に助けを求める必要もなくなった事で男性の方が単体で行う事が出来る様になり積極的に改善していく体勢が整い始めました。
原因には上記の二つを含め、罹患率を高めているものには年齢による事や明らかに体に損傷を負っている場合を除いてはホルモン分泌に異常をきたしている事や動脈硬化等の血管の機能に障害を与えてしまう疾患や循環器系の疾患、また喫煙習慣や多量のアルコール摂取による事も原因になると考えられ、また成人病を予防する事はEDの対策としては効果的な事に繋がるとも言われています。
また薬剤はバイアグラにはじまり、その後にも即効性を期待出来るレビトラや翌日まで効果を持続させる事の出来るシアリス等も誕生しており、本人のライフスタイルや使用機会等によっても選択する薬剤は変わるので医師と相談しながら決定していく事が推奨されます。